新型コロナウイルス下でも生き残る企業

新型コロナウイルス下でも生き残る企業

今回の新型コロナウイルスの騒動によって、日本がいかに災害に弱い国であることが露呈してしまいました。
特に昔ながらの体制で運営していた会社などは、新型コロナウイルスに対して有効な対応策を取ることができずに、短い期間で経営状況を悪化させてしまいました。
特にIT関連に弱い企業というのは、どうしても有効な対応策を取れずに苦労している傾向が強くなっております。

新型コロナウイルスで最も有効な手段として注目を集めたのはテレワークです。
自宅から遠隔で作業をすることによって、まるでオフィスにいるかのように仕事ができるようになったのです。
テレビ電話などで会議をすることができますので、不便を感じずに作業をすることができます。
テレワークを導入することによって、社員を新型コロナウイルスから守ることができます。
そういう社員を守ろうとする姿勢を見せることによって、離職率を下げることにも繋がりますし、モチベーションのアップにも繋がります。

また、面接コボットに代表されるRobotic Process Automationなどを積極的に導入することによって、面倒な作業を簡素化することができますので、社員に働きやすい環境を提供することにも繋がります。
新型コロナウイルスによって、社員を大事にしている企業とそうでない企業の明暗が分かれた結果になりました。
無理に出社させている企業は離職者が増えてしまっており、苦境に立たされてしまっているようです。


http://www.nealschon.net/?nea=3